ネットワークビジネス勧誘革命!口コミなし・完全在宅のMLM

ネットワークビジネスの勧誘でお悩みですか?リストアップやアポ取り・・大変ですよね?でも、もう口コミや勧誘は必要ありません! しかも完全在宅!インターネットでストレス・フリーな究極のMLMがあるんです。

アポとり、勧誘、ABC・・・もうずっとストレスの連続・・・
お気づきですか?誘うから断られることに。
誘わないネットワークビジネス。それが「勧誘革命」です!

日本アムウェイが提言!これからのニッポンをかんがえよう!

日本アムウェイは4月4日、渋谷で

「Think of Japan's Future:
これからのニッポンをかんがえよう!」

というシンポジウムを開催しました。

シンポジウムの冒頭、日本アムウェイの
ピーター・ストライダム社長があいさつ。


amway p1


ストライダム社長は、

「起業家精神から始まるスモールビジネス
が経済のエンジンになると信じている。

日本アムウェイは起業家精神こそ
私たちの未来があると思っている」
と述べました。


大好評!パソコンだけで!どこでもできちゃうネットワークビジネス


リスクを取れる環境づくりが必要


次いで、在日米国大使館商務部の
百合・アン・アーサー上席商務官が

「日本文化の中では、リスクを取ること、
失敗することが歓迎されていない。

何が必要なのか。それは、若者を見守る
世代の私たちの役割である。

リスクを取れる環境、新しいことを
応援する制度、

失敗した人々を受け入れる配慮が必要だ」
とスピーチしました。


日本人の起業家精神は45カ国中最低


「アムウェイ・グローバル起業家精神
調査レポート (AGER)」で

日本人の起業家精神は世界45カ国中
最下位となりました。

これを踏まえ、

早稲田大学ビジネススクールの
東出浩教教授が調査結果を報告。

「日本人の起業家精神は45カ国中最低
だった。起業したいと考えている人は
26%しかいなかった。

世界の平均は50%、アジアでは70%
~80%だ。

とくに、起業の実行可能性は13%と
低かった」と述べました。


若いうちから起業への関心が低い


東出教授は「自分が起業するイメージ
すらできず、

それが起業するという行動につながって
いない」と分析しました。

次に、日本人は若いうちから起業への
関心が低く(33%)、

一方、インドは90%近くが起業に
関心を持っている。

さらに、日本人は

「自分がどのような能力を持っているか知っている」
「自分の将来が楽しみである」
「将来偉くなりたい」
「自分に自信がある」

という質問に対して、他国と比較して
大きく欠如しています。


コミュニケーションのトレーニングが大切


このギャップが生まれてしまう理由として、

「いったい自分が何をしたいか、
どういうことができるのかを、

やりながら振り返る機会が少ない
教育であること、

自分を見つめ直す機会が少ない」
と指摘しました。

そして、日本人は親子間の会話が少ない
状況であることも分かりました。

「実は、人とコミュニケーションを
取りながら、上手く巻き込める人が

起業家として圧倒的に成功する
確率が高い」とした上で、

「家庭の中で話すトレーニングを
受けていない日本人はある意味、

リスクの高い状況に置かれている」
と話すことの大切さを説いた。


「働きたくない」若者も非常に多い


調査の最後では、日本人の希望職種の
第1位は「国家公務員・地方公務員」で、

他国と比較して「働きたくない」という
日本人が圧倒的に高いことに

「非常に驚いている」と嘆きました。

まとめとして、東出教授は

「現在の日本の若者は、チャレンジ
したいというよりはリスクを避けながら、

社会の中でポジションを見つけようと
している。

先が見えにくい世の中では、

起業家精神の高い会社・個人・
グループの方が成功に近づいている」

とアドバイスしました。


どうしても口コミが苦手なあなたは・・・
   ↓↓↓
口コミや勧誘せずに、インターネットで光速集客!



超豪華ボーナスを新設!フコイダンのスリーピースが報酬プラン改定

スリーピースは報酬プランを一部改定し、
2月23日から運用を開始しました。

最高タイトル「ダイヤモンド」を
新たに設けたのです。

これまでの最高は「プラチナ」の
タイトルでした。

必ずありそうな「ダイヤモンド」が
これまで無かったのは意外ですね。


threepeace p3


大好評!パソコンだけで!どこでもできちゃうネットワークビジネス


新タイトル!「ダイヤモンド」の達成条件は?


「プラチナ」の達成条件は、

月あたりの報酬50万円以上を3カ月
連続で獲得すること、でした。

新設された「ダイヤモンド」昇格の条件は、

月あたりの報酬100万円以上を3カ月
連続で獲得すること。

これまでの「プラチナ」の2倍です。


超豪華な追加ボーナスも!


そしてさらに・・・

「ダイヤモンド」を達成すると
昇格ボーナスとして、

100万円を獲得できます。

また、新規会員登録から3カ月以内に
1万円以上のボーナスを受けとって、

「ビクトリー」の称号に認定されている
場合は、

「ダイヤモンド」への昇格ボーナスが
なんと、2倍の200万円となります。

頑張れば、頑張っただけ報酬も大きい。
やりがいあるプランと言えますね。


今、「ダイヤモンド」を設定した理由


報酬プランを改定した理由について、
糟谷耕一社長は、

「最近の傾向として、タイトル昇格者数
が増えている。

最高タイトルを新設することで、

当社のビジネスでさらに収入を得る機会
があることを強調したい」

としています。

右肩上がりで業績アップを続ける、
スリーピース。

東日本大震災のときいち早く復興支援を
始めたように、

社会貢献にも積極的な同社が、

会員の皆さんに、しっかりと利益を
お返ししている。

そんな糟谷社長の心意気が感じられる
今回の報酬プラン改定でした。


どうしても口コミが苦手なあなたは・・・
   ↓↓↓
口コミや勧誘せずに、インターネットで光速集客!



サンベール期待の若手リーダー!活動テーマは「コツコツカツコツ」

元、実業団野球の選手として活躍していた
サンベールの木村良平さん。

小学校から高校までの友人や、
野球関係の知人を中心にグループを広げ、

なんと、サンベール史上最年少で
ディレクターのタイトルを達成しました。


sanbelle p3


会社の専属スピーカー制度を活用し、
安定した収入を得ています。

木村さんの活動テーマは、
「コツコツカツコツ」。

地道に努力を重ねているのです。


大好評!パソコンだけで!どこでもできちゃうネットワークビジネス


「コツコツカツコツ」とは?


木村さんのグループのテーマは、
「コツコツカツコツ」。

「コツコツやり続けることが、
勝つためのコツ」という意味で、

中学時代の恩師の言葉です。

そのテーマ通り、木村さんのビジネス
スタイルは、とにかく足で稼ぐ!

「外に出て動いていれば、必ず何かが起こる」
と行動し続け、結果を出しています。

いまではグループのメンバーにも
「とにかく動こう!」とアドバイスしており、

グループがより活性化してきました。


木村流!セミナーのバカウケ盛り上げ術


木村さんは2年前に認定された、
サンベールの「専属スピーカー」制度を
活用しています。

いまでは毎月平均3~4回、全国で
木村さん自身が主催するセミナーや、

ゲストに招かれたセミナーで
スピーカーを務めます。


sanbelle p2


スピーカーとして心がけているのは、
参加者を飽きさせないこと。

開催地の方言を覚えて行くなどの工夫を
しているといいます。

「セミナーの空気が重いと、参加者も
スピーカーもお互いに楽しくない。

何度でも参加しやすい雰囲気を作る
ことを意識しています」


グループ運営に悩みナシ!


グループを束ねるリーダーになっても、

「皆、自発的に動いてくれる良い
グループなので、悩みはありません」
と前向き。

メンバー一人ひとりが明確な夢を
持って自立している上に、

同級生が集まっているからこそ、

互いにやる気の入るツボを刺激し合える
といいます。


いつもポジティブで的確に助言できるリーダーに


トップリーダーへの道は始まったばかり。
木村さんに理想のリーダー像を聞きました。

「まずは、いつもポジティブ!

そして、メンバーが自分のペースで
ビジネスを無理なく続けられるよう
サポートし、

夢の実現のためのポイントを的確に
アドバイスできるリーダーが理想です。

仕事でもプライべートでも信頼を置いて
もらえるようになりたいですね」

今年5月までには、史上最年少となる
プロンズディレクターを達成が目標。

年内にはシルバーディレクター達成を
めざしています。


どうしても口コミが苦手なあなたは・・・
   ↓↓↓
口コミや勧誘せずに、インターネットで光速集客!



サンベール史上最年少ディレクター!今評判のポジティブな26歳

サンベール史上最年少でディレクター
のタイトルを達成した木村良平さんは、

26歳の若手リーダーとして
今、勢いに乗っていると評判です。


sanbelle p1


かつて、実業団野球の選手として活躍
していた木村さんは、

小学校から高校までの友人や、

野球関係の知人を中心にグループを
広げてきました。

「気を遣われるリーダーにはなりたくない」
といい、

メンバーと気楽に会える関係を
築いています。


大好評!パソコンだけで!どこでもできちゃうネットワークビジネス


ケガで実業団を退職。即決でサンベール登録


木村良平さんは大学を卒業後、実業団の
野球選手として活躍していました。

ところが2014年、ケガをして会社を退職。

そんなときに、高校時代の先輩と
中学時代の野球のコーチから

サンべールを紹介されました。

当時のことを「登録は即決でした」
と振り返る木村さん。

野球しかなかった自分にも収入を
得られるチャンスがある・・・。

信頼している人からの紹介だった
こともあり、

軽い気持ちでビジネスを始めました。


転機は2016年!不屈の精神が身を結ぶ


しかし、着実にメンバーを増やしては
いたものの、

なかなか安定した収入にはつながり
ませんでした。

そんな木村さんに転機が訪れたのは、
16年秋。

2年以上にわたり声をかけても、
関心を示してくれなかった人が、

サインアップしてくれたのです。

「昔から野球を教えてくれた恩人で、
絶対に伝えたいと思っていましたから、

何度断られてもめげませんでした。

とことんポジティブなところが、
僕の長所です」


それからは勢いに乗り、グループを拡大。

安定してビジネスを行えるように
なっていきました。


メンバーと気楽に会える関係を築く


グループのメンバーは、小学校から
高校までの友人や、

野球関係の知人が中心。

「スポーツをやっていないメンバーは少ない」
というほど体育会系のグループです。

体育会系で上下関係に厳しいのかというと、
決してそうではないようです。

「メンバーに気を遣われるリーダーには
なりたくないですね。

ミーティングや週3~4回の飲み会など
を開催し、

気楽に会える関係を築くことに
努めています」と話すように、

メンバーとは類繁に顔を合わせる機会を
作っています。

メンバー一人ひとりの連絡の取りやすい
時間を把握し、

毎日のスケジュールを組んでいるのです。


どうしても口コミが苦手なあなたは・・・
   ↓↓↓
口コミや勧誘せずに、インターネットで光速集客!



マナテックで急成長の若手リーダー!理想のトップから直伝アドバイス

マナテックで今、若手リーダーとして活躍、
大きな期待を寄せられているのが

松下真大さんです。


mannatech p2


すでにエグゼクティブディレクターの
タイトルを達成し、

尊敬するトップリーダーの背中を見て、
大きな目標の達成をめざす松下さんに、

マナテックのトップリーダー
人見幸男さんから

成功するための直伝アドバイス!


大好評!パソコンだけで!どこでもできちゃうネットワークビジネス


人見さんのようなリーダーになりたい


松下さんは、理想のリーダー像について、

「マナテックを紹介してくれた
アップラインと、人見幸男さん」
と語ります。

「人見さんから、いつもズバッとひと言で、
的確なアドバイスをいただいています。

僕は、メンバーに長々と語ってしまう
タイプなので、

人見さんのようなリーダーになりたいです。

さらに毎朝、LINEで『成幸の法則』
というメッセージを送ってくださるので、

とても勉強になります」


世界の子供たちのためマナテックを広める


リーダーの階段を一歩ずつ上がっている
松下さんのビジネスは、まだ始まったばかり。

今後ますますの活躍が楽しみです。

「親身になって支えてくれるトップリーダー
やスタッフの皆さんに恩返しするためにも、

上位タイトルのPDを獲得することが
目標です。

マナテックでは、製品を普及することで、
世界中の子供たちを救える仕組みがあるので、

大きな意義を感じています」


「火をつけられる男」になってほしい!


そんな松下さんに、トップリーダーの
人見さんは、こうアドバイスします。

「松下くんは、身体は細いけど、心は
非常にたくましい。骨太さを感じます。

リーダーとしての意識が強く、メンバー
に背中を見せようとする姿勢も

ひしひしと伝わってきます。

仲間の声にも一生懸命、耳を傾けていて、
本当に素晴らしいリーダーです。

さらなる成長をめざして、

チームで意見を伝え合う、
環境ができると 良いですね。

仲間の声を間くだけではなく、
『あなたはどう思っているの?』

と相手の意見を引き出すことができれば、
もっと深い導きができるでしょう。

松下くんには、相手に
『火をつけられる男』になってほしい!

期待しています。」


辞めてしまうメンバーに思いを馳せる


「新たにマナテックに参加するメンバー
が増える一方で、

既存メンバーが辞めてしまうケースも
あると思います。

あえて助言するなら、その辞めてしまう
メンバーに思いを馳せてほしい。

つまり、『どうして辞めてしまうのか?』
という理由を集約して、

今後のグループ作りに活かすのです。」


若いメンバーに「健康」を意識してもらう


「また、松下くんチームは20歳代の
若いメンバーが多いので、

『健康』に対するニーズがあまり高く
ないのかも知れません。

ただマナテックの大きな強みは、
オンリーワンの製品があることであり、

『健康』の占める割合が大きいことも
事実です。 

そこで、どのようにしたら、20歳代の
メンバーが『健康』というキーワードに
反応するかを考えていくのも、

盤石なチーム作りのヒントとなるのでは
ないでしょうか。」


どうしても口コミが苦手なあなたは・・・
   ↓↓↓
口コミや勧誘せずに、インターネットで光速集客!



プロフィール
ランキングの応援お願いします♪

 にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ


カテゴリー